公益社団法人日本化学会 : コロイドおよび界面化学部会

  1. English
  2. 入会案内

平成30年度 科学奨励賞・技術奨励賞の紹介と応募規定 2017.06.23

平成14年度、部会に新たに科学奨励賞と技術奨励賞が設けられました。この部会の若手研究者の活発な研究を奨励し、国際的に先導的な立場をとることができる人材を育成するとともに、部会の新しい指導者を発掘・育成することを目的としたものです。下記の要領で来年度の受賞候補者を募集いたします。奮ってご応募くださいますようお願い致します。これまでの受賞者は科学奨励賞および技術奨励賞 受賞者一覧をご参照ください。

1. 対象者
 科学奨励賞;大学や研究所などのアカデミアに所属する研究者で以下を満たす方。
 (1) コロイド・界面化学分野で新しい科学を作った、または作りつつある。
 (2) 応募時に部会員であり、最近5年間にコロイドおよび界面化学討論会で発表したことがある。
 (3) 応募年の4月1日現在において40歳未満である。
 (4) 受賞後、部会活動に積極的に関わることができる。
技術奨励賞;会社に所属する研究者や技術者で以下を満たす方。
 (1) コロイド・界面化学分野で新しい技術あるいは技術の芽を作った、または作りつつある。
 (2) 応募時に部会員であり、最近5 年間にコロイドおよび界面化学討論会、日本化学会年会のコロイド・界面化学部門、または討論会に代わる国内外の主要国際会議で発表したことがある(連名でも可とする)。
 (3) 応募年の4月1日現在において45 歳未満である。
 (4) 受賞後、部会活動に積極的に関わることができる。
2. 賞の種類:アカデミアにおける基礎科学研究を対象とした「科学奨励賞」と、会社における基礎研究および技術的研究を対象とした「技術奨励賞」を設ける。受賞者には賞状および記念品を授与する。(技術奨励賞は会社に所属する研究者・技術者の、商品開発につながるような技術的研究と、会社における基礎研究を対象にするが、前者の場合はどちらかといえば関係する特許で評価する。したがって論文が少なくても、あるいはまったくなくても特許を業績として応募されたい。)
3. 授賞人数:原則として毎年「科学奨励賞」と「技術奨励賞」をそれぞれ1~2 名とする。
4. 応募形式:部会員による他薦または自薦。
5. 選考:別に定める賞選考委員会が行う。
6. 表彰:原則としてコロイドおよび界面化学討論会において、受賞者の表彰および受賞講演を行う。したがって、少なくとも討論会への出席が可能であることが受賞の条件となる。
7. 応募要領
 (1) 必要書類(指定書式をダウンロードして記入のこと。)
  (a) 申請書(候補者略歴、業績目録、研究概要、発表実績等を記入)
  (b) 推薦理由書(他薦および自薦共に対象となる研究題目についての推薦理由)
  (c) 代表的論文等(技術奨励賞は特許等を含む)のコピー5編以内(各1 部)
  (d) (a)~(c) の電子ファイル(PDF 化したものをCDなどに保存)
 (2) 応募締め切り:平成29年11月24日(金)(必着)
 (3) 書類提出先:101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5 公益社団法人日本化学会コロイドおよび界面化
学部会 賞選考委員会宛 Tel:03-3292-6163 E-mail:dcsc@chemistry.or.jp
※ 何らかの「やむを得ない事情」等により、上記規定条件を一部満足できない場合は、事前に、賞選考委員会にご相談ください。

先頭に戻る