公益社団法人日本化学会 : コロイドおよび界面化学部会

  1. English
  2. 入会案内

コロイド先端技術講座2017 ソフトマター・バイオ界面の力学とその計測 2017.06.07

ソフトマターにおける最大の特徴の一つは言うまでもなく、様々な外的条件・刺激等に応答する多彩な変形能です。変形を司る系の力学的性質とその計測は、ソフトマター材料の分子設計はもちろん、バイオ系における種々の現象・機能の解明においても重要な役割を果たしています。本講座では、学術基礎から企業応用に至る広範なソフトマター・バイオ界面研究の最前線と、それを支える計測技術を取り上げます。多様な力学物性や力学応答機構に潜む現象の普遍性や、革新的な計測技術がもたらす新たな研究領域・方向性について、議論を深めたいと思います。

会 期:平成29年10月13日(金)
会 場:化学会館7Fホール(東京都千代田区神田駿河台1-5)

【特別講演】環動高分子の創成とその応用:しなやかなタフポリマー実現のための分子設計
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 伊藤 耕三 先生

ナノ触診原子間力顕微鏡による高分子材料の局所物性計測
東京工業大学 物質理工学院 梁 暁斌 先生

1細胞レオロジー:AFMによる細胞力学物性計測
北海道大学大学院 情報科学研究科 岡嶋 孝治 先生

リン脂質二重膜に対する添加物効果の体系的理解に向けて
筑波大学 数理物質系 菱田 真史 先生

【特別講演】表面開始型光グラフト重合反応を基盤とした生体親和性材料の創出
東京大学大学院 工学系研究科 石原 一彦 先生

摩擦機能を拡張する可変なシワ表面
産業技術総合研究所 機能化学研究部門 大園 拓哉 先生

動物血液のレオロジー挙動(印刷用顔料分散インキの流動挙動解析手法の適用)
(株)DNPファインケミカル 篠﨑 俊介 先生

高速原子間力顕微鏡による固液界面現象の動的観察
花王(株) 解析科学研 井上 滋登 先生

微小・高速・極限環境の液体物性計測
東京大学生産技術研究所 美谷 周二朗 先生

詳細はこちら

申し込みはこちら

先頭に戻る