コロイドおよび界面化学討論会

Home >> 発表募集 >> 要旨投稿

DOWNLORDS

要旨作成用テンプレート(日本語)

要旨作成用テンプレート(英語)

要旨投稿

発表をお申込みいただいた方へ

コロイドおよび界面化学討論会での発表をお申込みされたすべての方は要旨原稿の投稿をお願い致します。

要旨原稿ファイルの形式

原稿はpdf形式のみ受け付けます。下記関連リンクに掲載している「原稿作成要領」に従い、あらかじめpdfファイルを作成しておいてください。最終確認を行った後は要旨の差し替えはできません。ご注意ください。

要旨投稿の締め切り

平成25年7月6日(土)終日まで

要旨原稿フォーマット

講演要旨原稿用紙はA4判1枚(約2,000字)で、テンプレートに従い、文中に英語で、演題、発表者名、数行のアブストラクトを入れてください。

原稿には講演番号は記入しないでください。

予稿集発行日

予稿集の発行日は現在のところ未定です。判明次第HP上でアップします。

予稿集の体裁について

要旨集は冊子体です。CD-ROM版は作成しません。

要旨の投稿先

下記のボタンを押して討論会申込ページにアクセスし、ログインを行ってから投稿してください。


PDF作成のもとになる原稿作成時の留意事項

原稿のページ数とファイルのサイズ

原稿のページ数は、一般講演、依頼講演、ポスター講演などにかかわらず1ページです。 作成するPDFファイルのサイズはできるだけ小さくなるようにしてください。上限は2MBです。

使用可能なフォント

コンピュータの機種・環境により文字化けが発生する可能性がありますので、使用可能なフォントは下記の範囲とします。

日本語 Windows MS明朝またはMSゴシック
Macintosh MS明朝またはMSゴシック、
平成明朝または平成角ゴシック、
ヒラギノ明朝またはヒラギノ角ゴ(Mac OS X)
(漢字はJIS第二水準以内の文字をお使い下さい。)
英 語 Windows,
Macintoshとも
Adobe社の定めた【欧文基本14書体】
Courier、Courier-Bold、Courier-BoldOblique、Courier-Oblique、
Helvetica、Helvetica-Bold、Helvetica-BoldOblique、Helvetica-Oblique、
Symbol、Times-Roman、Times-Bold、Times-BoldItalic、Times-Italic
ZapfDingbats (Times、Times New Roman を含む)

文字を含め、色の使用に制限はありません。ただし最終印刷物は白黒になりますので、色によっては明確に出ない場合があります。

グラフ等で区別が必要な場合は、色ではなく、線や網のパターンで区別することをお勧めします。

写真や画像などの解像度と大きさ

貼り込む写真や画像の解像度は300dpi程度がお勧めです。(ファイルサイズと仕上がりのバランスがよいと思われます)

PDFファイル作成時の留意事項

ファイル形式とファイル名

ファイルはAdobe Acrobat Reader 4.0以上で表示および印刷可能なPDFファイルで提出していただきます。 なお、ファイル名は自動で変換されるので特に指定はありませんが、必ず拡張子(.pdf)をつけて下さい。

PDFファイルの作成方法

Mac OS X

Mac OS X には、標準でPDF形式のファイルを作成する機能があります。
プリントのダイアログにある「PDFとして保存」を選んでください。その際に「拡張子を隠す」のチェックをはずすと、ファイル名に .pdf がついたことが確認できます。

Mac OS 9.2以前およびWindows

Acrobat 4.0x以降を用いて作成します。
作成方法についてはAcrobat附属のマニュアルの作成方法をご覧下さい。必ずAcrobat Distillerを使って作成してください。 特にイラストや画像、数式、グラフ等を含むPDFファイルの作成にPDF Writerを使用すると、意図した出力にならない場合があります。

Acrobat以外の方法

Adobe Acrobat 以外にも、PDF形式のファイルを生成することのできるソフトウェアがあります。 すべてをご紹介はできませんが、たとえば以下のようなソフトがあります。 (紹介するのみで、使用方法等のサポートはできませんのでご了承ください)

ソフト名 ULR
Cute PDF http://www.cutepdf.com/
PDF reDirect http://www.exp-systems.com/
PrimoPDF http://www.primopdf.com/
pdfFactory2 http://www.mitsuiwa.co.jp/sol/3/

文書のセキュリティーについて

講演番号を事務局にて記入しますので、PDFファイルを作成する際には、文書のセキュリティーを設定しないでください。

作成したPDFファイルの確認

いずれの方法で作成した場合も、必ずAdobe Acrobat Reader 4.0以上で表示および印刷を行い、意図した原稿になっていることを確認してください。

印刷の際には、印刷(プリント)のダイアログ「印刷部数と調整」の箇所にある、次のチェックボックスを外してください。(これらのチェックボックスが付いていると、実際の原稿寸法と異なって印刷されます)

□ 用紙サイズに合わせてページを縮小

□ 用紙サイズに合わせてページを拡大

また、次のチェックボックスを付けてください。

■ ページの自動回転と中央配置

提出されたPDFファイルの取り扱い

要旨集作成の際は、提出いただいたPDFファイルをもとに、自動的にレイアウト作業を行います。このため個別の原稿のゆがみや余白の相違には対応できません。

top

Copyright 2013 (c) The Division of Colloid and Surface Chemistry,CSJ All Rights Reserved